~多分、エレガントなガーデンブログ


by あけ

ロンドンにもパリにも行かないイギリス&フランスの旅 6月12日その2

おはよ。

今日はねぇ~旅行の反省会があるの。
夜、ブノ。ちゃんとTさんと3人で・・・・・・・・・
反省会・・・・・・・怖い(ノД`)・゜・。
b0331802_12121829.jpg
ブログは旅行4日目後半からのスタートよ。


ーーーーーLytes Carry Manor(★★★★★★★)

ティンティンハル ガーデンから次に向かったのはLytes Carry Manorでっす。
どう、日本語で表記したらいいか判らないので、そのまま英語表記です。
今回の旅行記のガーデンのカタカナ表記の名前はグーグルマップに書いてあったまま使ってるの。
ここはカタカナ表記になってなかった。
b0331802_12104978.jpg

b0331802_12071556.jpg

b0331802_12125230.jpg

b0331802_12114804.jpg


b0331802_12111965.jpg

b0331802_12142294.jpg

b0331802_12145356.jpg

b0331802_12153821.jpg

b0331802_12180405.jpg

b0331802_12183581.jpg

b0331802_12243724.jpg

b0331802_12203627.jpg
このお庭はねぇ~アニスさんがブログの中で良かったって書いてあったから。
アニスさんも自分のワクワク度を★で表記していて、
それが、あけの庭選びですごく役にたちました。
b0331802_12132206.jpg

b0331802_12135202.jpg

b0331802_12200550.jpg
だから、本当はこの季節のほんの一時間くらい訪れただけで評価するなんて出来ないんだけど、
ここを訪れたときのあけのワクワク度だと思ってくださいねぇ~。
b0331802_12173378.jpg

b0331802_12190647.jpg

b0331802_12193501.jpg
Lytes Carry Manorはめっちゃワクワクしました。
b0331802_12230756.jpg


b0331802_12233795.jpg


まず構造物が美しい。
建物の形も壁の色と窓枠の色の組み合わせも好き♪
b0331802_12223748.jpg

b0331802_12263704.jpg
そして、お庭の色使いが大人♪
花が終わっても美しい。
b0331802_12213620.jpg
建物に対しての、植物の分量のバランスが好き。
これも思いっきり、個人の見解なんだけどねぇ~。
b0331802_12240716.jpg

b0331802_12253765.jpg
一周見終わって、反対からもう一度、回りたいって、
少し長めに時間をもらったの。
b0331802_12081630.jpg

b0331802_12094673.jpg

b0331802_12091659.jpg

b0331802_12210786.jpg
あけに必要なのは、建物に対する、植物の分量のバランスなのよ。
いつもドロドロのジャングルにしていちゃダメ。
ここまで来たんだから、ヒントを拾って帰らなくっちゃね。
b0331802_12084692.jpg

b0331802_12064103.jpg

b0331802_12260789.jpg
ここのガーデナーさんに会ってみたいなぁ~
(まったくしゃべれないけどね)



ーーーーーハウザー&ワース・サマセット(★★★★)

次に向かったのは現代アートの美術館のお庭なの。
ギャラリー、レストラン、ショップなどの複合施設のガーデンねぇ~。
b0331802_12300907.jpg
イギリスでお庭を巡っていると、
どのお庭も高齢者がすごく多いの。
イギリスも若い人は庭に興味を持たないのかな?
それとも平日だからかな?
b0331802_12270848.jpg
でも、ここはガーデンにも若い人が多かったです。
無料だから?(笑)
b0331802_12273878.jpg
10年前のイギリス旅行から変化を感じたのは、
食事が美味しくなってたこと、
丁寧で優しいけれど、慇懃無礼な雰囲気があったのに、それが感じられなかったこと、
(慇懃無礼な感じ、好きなんですよ)
ガーデンもイングリッシュガーデンだけではなく、
いろんなタイプのお庭が増えていたこと。
b0331802_12280827.jpg
もしかしたら、その当時はイングリッシュガーデンにあこがれていたから、
庭の選び方の問題だったかもしれないけどね。
b0331802_12283841.jpg
ここは、きっと冬には刈り込んで、
春に一気に宿根草が動き出すようなガーデンだよね。
b0331802_12290826.jpg

b0331802_12293807.jpg
あけは美しく生垣を刈り込むお庭も、
こういうワイルドな宿根草のお庭も好きです。


ーーーーー今日のお宿♪

この日のお宿もとっても清潔で居心地の良いB&Bでした♪
b0331802_12321003.jpg
ゴハンを食べに行くときに、
食べログで点数評価の高いお店をチェックして食べに行っても
「ん?」「あれ?」ってときがよくあるのね。
b0331802_12304013.jpg
今回のブッキングドットコムでのお宿を探してみて、
そこで8.5以上のお宿だったら、ほぼ、間違いなかったです。
この日の「Ha'penny Acre」の評価は9.3。
マナーハウスでも、お城でもないけど、良いお宿でした。
b0331802_12345188.jpg
お宿のこと、ここでちょっと書いておきます。
一応、シャンプー、リンス、ボディーソープは用意してあるとバウチャーには書かれていても、
ちゃんと揃っていないところもあったなぁ~。
b0331802_12324047.jpg
ドライヤーはないところも多かった。
言えば貸してくれたのかな?
(あけの場合、ドライヤーも使わなくていいんだけどね)
b0331802_12331277.jpg
紅茶・コーヒーは必ず部屋に設置されてまぁ~す。
日本みたいに冷蔵庫はないよ。
テレビもほとんどのお部屋にあったけど、
マナーハウスにはなかったかな。(要らないし)
暖房の設備はあるけど、どの宿にもエアコンはない!!
b0331802_12334204.jpg
バスタブがあるところも少なくて、
シャワー浴びてると、途中で水になったりします。
この辺りは10年前とあんまり変わってないかも。
b0331802_12341551.jpg
トイレとお風呂は共有って場合も結構ありまぁ~す。
アパートメントなんかは1泊だけでは予約できなくて、
2泊以上からってところもあるけど、
金額的には安いよ。

Wifiはどのお宿も設置されてたと思う。


ーーーーー夕ゴハンはご近所のパブで♪

この日のお宿はホントに田舎だったから、
夕ゴハンの選択肢はほぼなかったの。
宿に向かう道の途中にパブがあったから、チェックインの後、そのパブへ。
b0331802_12311060.jpg
混んでいて、席は取れたけど、お料理が出るのにちょっと時間がかかるって・・・・・・・
それも、おしゃべりしながら待っていれば、どうってことないし。
b0331802_12314008.jpg
お店が混んでるくらいの方が美味しくていいね♪


ーーーーー今日の失態。

さて、今日も充電しなきゃ・・・・・・・・・・・あれ?あれあれ?

やっと使えるようになった自分の変換プラグなのに、
イギリス用に取り付けなきゃいけない付属のプラスチック棒がないないないないないない!!
・゜・(PД`q。)・゜・

マズい・・・・・・クロちゃんのは壊し、自分のはパーツを無くす(>_<)
どうする?あけ!!


ーーーーー失態のリカバリー

よく構造を見てみると、差し込みの3本のうち長いプラスチックの棒はプラスチックなんだから通電していない。
ようするに、このプラスチックの棒を差し込むことで、
2本の鉄のコンセントが差し込めるようになる鍵みたいなものってことよね。
持参の爪楊枝を差し込んでみると、何となく、中のスイッチらしきものが動く。
その状態で、コンセントを差し込んでみる。

コンセント入ったわぁぁぁぁぁぁ~。
一度、入ってしまったら、もう、爪楊枝は外してもOK。
通電しました。
(良い子はマネしないでください)

こうして、旅行の最終日まで乗り切ったのよねぇ~あたし。








[PR]
by ake_chu | 2018-07-05 06:00 | 2018年 イギリス・フランスツアー | Comments(0)